So-net無料ブログ作成

夏のa-nation [感想]

 10日、代々木体育館のライブに行って来ました。この暑い中、奇しくもチケットが当たりましたが、席運のなさは今回も健在。スタンド席の最後方にして後列。つまり一番ステージから遠いブロックな為、メンバーは今回も豆粒でした(笑)。
 ステージの感想ですが、アーティストの方々は何も悪くありません。パフォーマンスも申し分なかったです。
 何と言っても、悪いのはa-nationの運営。なぜにAKBが出る日にこんなラインナップにしたのか、本当に理解に苦しみます。だって、観客の99%がAKB目当てです。そんな連中が台湾や韓国や日本のまともなアーティストなぞ知ってるわけがありません。案の定、開演から会場はほとんど盛り上がらず、かろうじて日本のグループの時に声が挙がったくらい。あれでは出演したアーティストの方々はあまりの反応の薄さと違和感に何事かと思ったことでしょう。現にアンコールは、AKBがビギナーとフラゲの2曲。a-nationだから、てっきり他の方々も出てきて一緒にやるかと思いきや、AKBだけで終演。始めからその予定なら、せめて11日出演のようなアイドルグループで統一するか、参加アーティストを減らしてAKBメインで推し進めるべきでした。開演の5時から登場の7時15分までの空気は本当に苦痛というか、居心地が悪かったです。あと、後ろのピンチケがとにかくうるさかった。その割にヘビロテ、ポニシュのミックスが全く下手だった。エビカツの2.5連は出来ていたので、おそらくその程度の新規。なるほど、ファン歴史の長い人達には、こういう連中がうっとうしく感じるのも判った気がしました。

 とにかくovertureからは問題なく、ライブも盛り上がったので、何とか元は取れた気がします。まして、全員が生歌でやってくれたので、臨場感は抜群。ただイヤモニをしてない状況だったので、ファンもミックスを打たずにハラハラしながら聞いてたのには笑いましたけど。
 あとアリーナだけでなく、完売してるはずなのに空席がかなりあったのは気になりましたね。相変わらず転売屋が買い占めたのでしょう。私は東京ドームが何とか当たったのでほっとしましたが、落選した人も大勢いる現実を考えると、何とも言い難いですね。
 とにかく2週間後には東京ドームコンサート。多分、またメンバーは豆粒の席でしょうが、雰囲気だけでも楽しんできたいと思います。



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。