So-net無料ブログ作成

チーム8はいつ出来る? [AKB]

 全国握手会で様々な発表がありました。じゃんけん大会の開催、シングル発売の予定、昇格発表。
 何か総選挙後にもやもやしていた問題を一気に発表されて、盛りだくさん感がすごいことになっています。しかし、一番驚いたのは昇格組。島田達9期組の「とりあえず昇格」の前例があったので、今回のチーム未定での昇格がやりやすかったのもありますが、なにはともあれ、10期、11期生の劇場公演の努力が報われたのは嬉しかったです。ただそれによって浮上したチーム8はどんな形、構成で始動するのか?
 私の考えでは劇場公演がありますので、当分形は変わらないと思います。13期公演も始まったばかり、珠理奈、みるきーの兼任も始まったばかり。期間限定なので、NとSの新公演が始まれば二人は元のチームに戻るでしょう。兼任は今後のためにもしばらく続けるかもしれませんが、次の14期が入ってくるまでは新チームを作るに至らないと思います。6月30日の劇場公演メンバーを見れば、一目瞭然でしょう。
 では、SSAから三カ月しか経っていないのに、どうして6人を昇格させたのか?
 組閣やリストラの前兆なのか?

 それもないと思います。
 今やっている活動のほとんどが存続制の高いものです。部活動、あん誰、じゃんけん選抜など。
 もし運営サイドから組閣、もしくは降格があるなら、辞退や卒業も含めた行動に今から動き出さなくてはならないからです。前にも書きましたが、人海戦術に走るのは、アニメ0048じゃないけど、常に二代目優子、二代目ともちんなどの人材を発見、育成し続けなくてはならないからです。珠理奈みたいな逸材にそう簡単に巡り合えない事を考えれば、秋元氏の行動は本屋で面白いマンガが何かないかと常に探し続けるようなものです。
 先日HKT二期で逸材を見つけたと報道されましたが、オーディションの度に一人くらいはそういう娘がいないと運営側としては厳しいので、見つけるとつい嬉しくて、そういうコメントを言ってしまうのでしょう。秋元氏の感性は長い経験から我々一般人とは違いますし、情報量も比べものにならないので、ファンとのわだかまりが出来てしまうのは当然なんですよね。彼女達が期待に応えてくれるのかは判りませんが、指原の移籍も含めてHKTは今のメンバーが好きなので、冷静に見守っていきたいです。 



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。