So-net無料ブログ作成

総選挙で個人的に気になる娘・SKE編 [ske48]

 いよいよ投票を前日に控え、MJもヘイヘイヘイも見たので、タイムリーな気持ちでSKE編。
 新曲の売り上げは選挙前なので何ともですが、ファン間でのノルマが13人。でも、個人的には決して無理な数じゃないと思うので、選抜組の13人は本店メンバーの番狂わせがない限り、ランクインできると思っています。

 個人的に気になっているのが、絵心ナンバーワンの古川愛李。ぐぐたすの活躍を見てか、最近グンと人気が伸びてるような気がします。なかなか関東での活躍の場がなく、認知が今ひとつだったのが歯がゆかったのですが、メンバー内人気も高く、多才な能力を持っているので、かなり前から注目していました。彼女がどこら辺にランクインするかで、残る向田、矢方、金子まで持っていけるかが勝負の分かれ目でしょう。今回の選挙では枠が拡大した分、総じてSKE勢が強いと予想しています。



SKEの弱点? [ske48]

 新曲「片想い~」が初動50万超えを果たし、まずは一安心のSKE。今年はいよいよ本店と肩を並べるかもしれないと、大きな期待を抱かせてくれますが、それでも全国認知になかなか至らないイメージが払拭できないのはなぜなんでしょうか? 今年も総選挙の議論が起き始める中、大きな躍進を遂げるであろうメンバーの名が上がらないのはどうしてなんでしょうか?

 先日、ぐぐだすの磯原の話が取り上げられました。内容はごもっとも、ちゅりを始めとするメンバーのコメントも、至極正論だと思います。ところが、そこに付け加えられていたファンのコメントは意外と冷ややかなものも多かった。実を言うと、私もいい話だとは思うのですが、そこまで感動しなかったんですよね。
 実は前々からもやもやしていたのは、SKEが完全実力主義+絶対加入期序列の軍隊式なのが疑問だったのです。もちろん、先輩後輩の意識は必要ですが、AKBの基本コンセプトって、「成長する過程のアイドル」なんですよね。つまり、ファンは「下手でも一生懸命、頑張る姿」を見たい。そこから「上手くなっていく成長を見たい」。だから、完成された圧倒的パフォーマンスを求めているかと言うと、そうではない。むろん、スキルがすごいに越したことはないんですが、その方式だと、魅力的な新人もダンスが下手なだけで日の目を見ることなく淘汰され、もはや珠理奈や玲奈を超える存在なんて、未来永劫、現れない。後発のチームEの存在が危ぶまれているのも、その格差の影響がもっとも大きいと思います。
 もう一つの疑問はSKEはダンスがすごいと言いますが、では、歌が上手いメンバーは誰でしょうか?
 本店はたかみな、ゆったん、はーちゃん、わさみん、なっちなどがいますが、SKEは?
 おそらく、実絵子姉さんとあいりんくらいしか、なかなか挙げられないのでは。
 そう考えると、ダンスに異様なまでにこだわることに、何の意味があるのでしょうか? これは対戦格闘ゲームとかシリーズもののアクションゲームを思い浮かべると、判りやすいですかね。レベルの高い者同士が戦う分には問題ありませんが、新規ユーザーはあまりのレベルの高さに敬遠しますよね。やっても、コテンパンにされるだけだし、そのレベルに達するまでには尋常じゃない投資が必要になります。新規に優しくないゲームはユーザーを選び、世界は圧倒的に狭くなったあげく、自己満足に陥りやすい。
 確かに劇場公演は基本でしょうが、もっと視野を広げ、幅広い分野で活躍できる環境と、魅力ある新人を育成するシステムを組織的に整備しなければ、いつまで経っても、W松井におんぶにだっこで終焉を迎える羽目になるんではないでしょうか。
 それと個人的な不満を最後に。
 本店と比べて、メディア露出が少ないはずなのに、DVD関連の発売がとにかく遅い。
 ゆうつべとかの動画をすぐに削除するくせに、肝心の媒体を出さないのは、どういう理由なんでしょうか?
 せっかく、SKEのメンバーを知りたいのに、これじゃチャンスを自ら棒に振ってるようなものです。
 去年のリクアワ50なんて、ホント、いつ出るのやら…。
 



SKEが成長するには何が必要か? [ske48]

 前回の文章を見たら、中途半端の放り出し感があったので、もう少し具体的な案を出します。地下板で同じような議論の方もあるので、あくまで個人的な参考意見でお願いします。

 現在の状況からすると、SKEファンとしてはまだまだ歯がゆい想いをしていると思います。何とかして、本店と肩を並べたい。もしくは、もう少しこちらにも注目して欲しいと言うところでしょうか?
 先日、次のシングルが前作「オキドキ」を超えられるかが大きな鍵を握ると言いますが、もう少し欲を出して言いますと、「パレオ」を超えられるかにかかっていると思います。AKBこそ「風吹」で「フラゲ」より下がりましたが、ミリオンを突破しているので、勢いはまだまだ。むしろ、「風吹」は震災用のメッセージソングのために幾分AKBの趣旨から離れた感があるので、実際には今度の五月くらいに出る総選挙用シングル(開催があれば)が本質を問われる事になるでしょう。
 そのしがらみが本店より薄いSKEに今、一番大事なのは、シングル売り上げ枚数です。ヨロシクで十六人選抜、バンビで二十万越え、パレオでエイベックス移籍と、一般のユーザーには「いよいよSKEもいいのが出てきたんじゃね?」と言う風潮がいっきに広まった流れでした。色々と中身を問われるでしょうが、一般の人達が注目するのは、シングルの売り上げ枚数です。
 「売れれば、売れるなりの何かがある」と、興味を持つのが人間心理というもの。よく言われる、握手券だけで売れると言うのなら、他のアーティストも同じくらいの売り上げがあるはずですから、そこに差が付くには「他に理由がある」と思うでしょう。
 だからこそ、「オキドキ」の伸び悩みは本当に痛かった。一月に入って、ようやく「パレオ」に追いつきましたが、これも楽曲がよく、メンバーが頑張った賜物でしょう。でも、企業からすれば、「こんなはずじゃなかった」と言うのが、正直な感想。そして、売り上げ以上に痛いのは、ここまでの勢いを止めてしまった事です。

 個人的な結論は、やはり「選抜メンバーを変えた運営の判断ミス」。様々な反論はあるでしょうが、これに尽きます。メンバーを変えることは悪いことではありません。多くの人間にチャンスを与えるのは当然のこと。ただ、変え方がまずかった。シングル選抜の特典DVDを見ての通り、外されたのがK2の三人だったこと。
 いくら新公演の事情があったにせよ、総選挙でちゅりが作ったいい流れを、運営がバッサリ断ち切ってしまったのですから。あれは外されたまなつ、あんにゃ、あいりん個人のファンだけでなく、K2を支えていたファン達の反感を買い、直訴したちゅりへの報復ではないかと言うSKE運営への不信感も手伝って、せっかくK2に付こうとしていたライトユーザーも白けさせてしまいました。しかも、秦さんがブレイクして勢いづいていた時期だっただけに、反動は余計に大きかったでしょう。
 よって、これを取り戻すために、まなつ、あいりんを選抜に戻し、まつりなを新たに加えた今度のシングルの売り上げはこれまで以上に大きなターニングポイントです。結果に賛否両論ありますが、リクアワ50でも、ラムネの公演曲が多くランクインし、二月には早くもラムネ公演のアルバムも発売される事から見ても、期待値は大きい。
前評判はネットで見る限りはいいので、結果を楽しみにしたいと思います。

 長くなってしまいましたが、本店に迫るために必要なのは、もう一つあります。それは昨日も書きましたが、W松井に続く強メンの数。もちろん、くーみん、だーすー、ゆりあ、秦さんと駒は揃ってきましたが、それでもランク的には全く満たしていません。反論は承知の上ですが、イメージ的には彼女達はまだ選抜入りしそうで出来ないAKBメンバーのようなレベルでしかありません。
 本店にも、れいにゃん、らぶたん、みゃお、萌乃、すーちゃん、あやりんのように、「すごくいいんだけど、選抜メンと比べると今一歩…」というメンバーが多くいます。大変でしょうけど、ここからもう一段階上がらねば、あとがないと思います。
 逆に言えば、それが出来れば、間違いなく本店に肩を並べ、将来は本店をも超えられるかもしれません。エースの珠理奈がまだ若く、グループとしての息が長い点を最大限に利用すれば、まだまだ未来は明るいはずですから、これからも頑張って欲しいと思います。
 追記として、チームEに花音、金ちゃんに続く、第三の選抜メンバーが「今のS枠」を押しのけて入ってくると、爆発する予感がします。梅ちゃん、ゆかぴー、はらみな、かすす辺り、加えて中村君の穴埋めする5期メンバーの成長に、大いに期待しています。



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。