So-net無料ブログ作成

新公演開始の確率はほぼゼロ? [AKB]

 2013年も始まって一ヶ月が過ぎました。まさかのリクアワも終わり、次は武道館公演に向かって走り出したわけですが、中途になっている部活や全国ツアーなんかはどこへやら。日産スタジアムも収容人数を見たら、よほどのことがない限り、豆粒必至。行き帰りの混雑は想像するだけで怖すぎます。しかも梅雨時の野外だから、合羽持参はほぼきまりですしね。そんな計画性のない運営の支配人人事が訳の分からない状態で進行し、各グループは果たして武道館でどんなステージを披露するのか。
 鍵を握ると思われる新公演は果たして間に合うのか?と言うところについて、今日は述べます。今回ばかりは私の予想を何としても覆して欲しいです。

 さて、一番困りものはN3rdが話題に上ってから、すでに一年が経過したこと。途中までは出来ているようですが、お披露目まではまだまだ。秋元氏も今年の所信表明で新公演を公言していることから忘れているわけではないでしょうが、そもそも後に控えてるチームSやAKB本体の方もあるのに、新公演が出来るのでしょうか?

 実際問題、結論から言うと、まず今年も絶望的。
 あるとしても、最優先のチームNの一つで終わるでしょう。それは現在のグループのシングルが幅広すぎるのが理由。仮に去年までと同じペースで作るならば、それだけで78曲が必要。それに乃木坂とHKTが加われば、この時点で100曲を超えてしまう。更に派生ユニット、ソロ曲、加えて海外まで手がけたとしたならば、その数は150超に達してしまう。これは2.5日に1曲のペースで作らなければならない計算で、更に去年の享楽やディズニーなどのスポンサー発注、アルバムやメンバーのドラマにおける特別曲を加えれば、あっという間に200近くまで行ってしまう。
 この上に公演曲を上乗せしなければならないのだから、16x10チーム分。まぁ、K2、EやM、B2、Hはともかく、残りの5チーム、アンコール分を合わせたら、85曲。一日に1曲作ったとしても、最後のチーム新公演開始は最短で年末と言う状況。おそらく秋元氏にしたら、シングルの締め切りに追われてる間に今年が終わってるというのが関の山。
 それと、もう一つの困った理由。それは私もある程度の創作活動をやってるので判るんですが、「今、作らなければならないもの」と「今、作りたいもの」が必ずしも一致しない事。と言うより、一致することの方が稀。つまり、貯金しなければならないのに、買いたいものがあると言う心理状況で、当然、ジレンマで気持ちも活動も大きく失速。秋元氏はプロなのでその辺の切り替えは何年も克服し続けてるでしょうが、それでも限度があるでしょう。

 そんなわけで、おそらく現実的に考えれば、新公演など望むこと自体が間違っています。ファンの間ではカップリング曲を集めて公演にすればいいと言いますが、公演は全部つなぎ合わせて一本のドラマ仕立てになっているので、寄せ集めではチームドラマが成立しないんです。
 よって、解決法も一つ。どれかからは手を引いて規模を縮小する、もしくはどこかしらを100%他人に預けて独立させる。私はその決断を含めての支配人人事かと思ったんですけど、果たしてどうなんでしょうか?



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。