So-net無料ブログ作成

13期研究生の可能性 [AKB]

 先日、初めて13期の劇場公演を見ました。幸いにもフルメンバーだったので、全員を知ることが出来たのも良かったです。
 感想としては、若さと勢いからかRESET公演にとてもよく合っていました。光宗のワンマンチームではなく、メンバーのタレント制も抜群で、これで研究生かと思うほど選手層の厚さに驚かされることしきり。これなら地下板での評判通り、チーム8を作ったとしても問題ないかもしれません。特にセンターの大島涼花は最後まで圧巻のパフォーマンスで、小さい体も相まって、スタイルとしてはチームEの木本花音によく似てる気がします。
 ただ私がそれ以上にすごいと思ったのが、相笠萌ちゃん。ダンス番長と呼ばれるだけあって、キレやフリは抜群。経験者のようですが、ダンスの魅せ方をすでに熟知していて、ただ思い切りだけでなく、表現力もすごかった。涼花と並んで見せる二人は他の子も引っ張って全体の底上げにも貢献し、完成度を高めていました。
 人気の凋落や選抜メンバーの固定化で色々と危ぶまれていますが、彼女達の公演を見たならば、そんなことはないんじゃないかと思えるほど、期待を抱かせる実力でした。
 ただ、見に行きたくても、なかなかチケットが当たりませんけどね。



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。