So-net無料ブログ作成

今年のジャイアンツは優勝できるか? [スポーツ]

 いよいよ、開幕が近づいてきました。前売り争奪がすでに五月分まで進んでいるのに、シーズンはまだ始まってないのが、毎年の事ながらすごい違和感。
 それはさておき、大型補強した巨人は果たして優勝できるのかを個人的に予想してみました。

 先に結論を言うと、坂本が三割以上を打てば優勝、それ以下なら危ない、低迷でダメと言う実にシンプルな状態。ただ、これは今のオープン戦での打順で行く場合のみです。大体、シーズン途中で組み替えするのが毎年恒例になっているので、一概にそうだと言い切れません。
 今年は外国人のボウカーを二番に入れました。去年の首位打者の長野を三番にしています。つまり、坂本を含めた三人が出塁し、あとは村田、阿部、由伸、小笠原で押し切る作戦。正直、八番の寺内はどうでもいい守備要員。セカンドの苦しい台所事情は今年も変わっていませんが、打てなくても藤村を使えば済むので、あまり問題はないでしょう。

 反面、外野は打撃中心。今でも打率一割に満たない太田が一軍にいるのだから、今年は彼を育てるつもりでしょう。今のベテラン組に変わる長距離打者は将来、どうしても必要。だから、辛抱強く一軍に置いているのでしょう。と言うことは、当然、外野の守備は二の次。これもラミレス以来の伝統行事になりつつあります。確かに一試合で外野に飛ぶ打球は安打以外、十回もありません。投手がよければ、なおさら。だから、外野手は打撃に専念しやすい。
 ただし、勝敗を決する打球が飛ぶのも、ほぼ外野と言うことを忘れてはいけません。これがチーム防御率に一番影響することを失念しているのは、これまた今年も健在です。

 そして、もう一つ。またバントする気はないらしい。そんなことするくらいなら、ヒットを打てと言う意図がありありと見て取れる。まだオープン戦だから断言しないけど、毎試合とにかく残塁の山。対戦しているチームは本当に守ってて楽でしょうね。強打者揃いで重圧は大きいけれど、肝心なところで点を取られなければいいのですから、気持ちを切り替えやすい。解説の桑田さんは気持ちの切り替えが一番大事だといい、水野さんは相手に何をされるか判らないのが一番つらいと何度も言っていますが、二人の忠言が採用されることは今年もないでしょう。
 
 結論として、一番得点の確率が高いのが、坂本の出塁。彼が出れば勝利、出なければ敗色濃厚。実にシンプルです。今年はホームランが何本出るか判りませんが、先日の対横浜のように貧打になったときは、これが機能しないとどうにもなりませんから、ファンとしてはもどかしい思いを何度もするでしょう。
 他のチームにしてみれば、混戦になって面白いでしょうけど、巨人ファンとしては歯がゆいばかりです。 



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。