So-net無料ブログ作成

今年の総選挙は何か変わるのか? [AKB]

 実際の発表があるまでは話題にするのもどうかと思うのですが、自分の中でのもやもやが収まらないので書かせていただきます。あくまで参考意見ですので、あしからず。

 次回のシングルがすでに収録されてるはずですから、おそらく、そこで発表があると思います。秋元氏のコメントからすれば、開催はほぼ確実ですが、果たしてそのやり方がどう変わるのか。実際の順位予想はもう少し後にして、マンネリ化して固定したメンバーをどう対処するのか。それを論じていきます。

 まず、今年も同じやり方。
 賛成派は上がる予想のある人達とあつゆう辺りのファン。どこを見ても、前田大島の一騎打ちは健在のようで、両方のファンにとってはシロクロつけられる大事な舞台として、また上位陣を脅かす可能性の高いメンバーのファンも同じくらいの意気込みを感じます。
 更にアンダーガールズに入れるかのボーダーメンバーも数少ないチャンスですから、必死になるでしょう。確定数字として現れる番付は絶対ですから、ファンも頑張りやすい。
 反対派は順位に興味がないDDと下がる可能性のある人達、もしくは順位が上がる見込みのないメンバーのファン。固定化した選抜やCDを爆買いして投票に傾ける情熱を冷静に見てる人達ですね。
 私も握手券のために劇場版をまとめ買いするのを冷静に見てる方なので(否定はしません)、気持ちは判りますが、そこはお祭りとかそういう方もいると割り切りましょう。別に他人に迷惑をかけている訳じゃないので。

 では、改善するとすればどういった点か。
 先に結論を言うと、最善策は今の所ありません。CDに投票券をつけてしまうと、個人管理が出来なくなるからです。モバイルと二本柱は運営主体のIDがあるので可能ですが、CD投票券にはその強制力がありません。入力フォームを作っても、個人情報の取り扱いに莫大な経費がかかります。かといって、会員枠だけにすると、一般の民意が反映されないので、それは運営もメンバーも本意ではないでしょう。会員枠だけだったら、リクアワでヘビロテの連覇はなかったでしょうから。
 では、固定化しているメンバーを外すのはどうでしょう?
 これもファンにも運営側にも双方にデメリットが多すぎて無理。去年の上位21位までで、全体の70%以上を占めているのが現状ですから、当然、この人達の半分くらいは投票を回避してしまうでしょう。そうなると、結局、民意が反映されず、総選挙の意味がなくなってしまう。それに上位がいないシングルの売り上げは、間違いなく落ちるでしょう。総選挙のシングルは「ファンが選び抜いた最強メンバー」と言うことに意味があります。システムの隙をつくモラルのないやり方に憤る人も多いのは困りものですが、今のやり方はある意味、至極公平といえます。
 支店のシングルにも投票券をつけてくれと言う人もいますが、本店メンバーが支店シングルに選抜されることは100%ありません。気持ちは判りますが、あくまで本店シングルの総選挙と割り切らなくては、あまり声高に主張すると、支店メンバーの参加自体が弾き出されてしまいかねないので、そうなっては目も当てられません。将来、全日本選抜総選挙が開催されることに期待しましょう。

 ただ、これくらいの考えは秋元氏も運営もすでに持ってるでしょうから、これからも何が出来るのかを考えていこうじゃありませんか。開催がなくなったら、それはそれで寂しいことですから。
 



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。