So-net無料ブログ作成

本質を見失わないで [スポーツ]

 今日はちょっとプロ野球の話。キャンプ中継を見た中での感想。
 今年のジャイアンツは大型補強を成功させ、本来ならば、まず優勝間違いなしの手厚い選手層。正直、負ける要素が見あたらない。そんな中、今年の新外国人は大丈夫との、景気のいい見出しがあちこちでにぎわっています。
 確かに今年のボウカー選手は打撃成績がいい。マシソン投手もそれほど悪くない。ホールトン投手は実績十分。今年こそはと言う期待が高まるのも判ります。
 しかし、実践でどれだけ通用するかを判断する基準は今ではありません。公式試合でどれだけ結果を残すかです。各チームだって同じように努力してるわけですから、真価が問われるのはこれからです。
 特にボウカー選手に期待が集まるのは判ります。毎年、外国人野手は本当にハズレばかりでしたからね。今までの打撃を見る限りは、私の意見に反発するのもやむを得ないでしょう。
 だけど、打撃成績だけでいいのなら、別にラミちゃんでもよかったはず。それでもボウカー選手の方がいいという肝心な要素は「守れるか、走れるか、投げられるか」です。
 いくら打撃がよくても、守備に不安があったら意味がありません。足が遅かったり、スローイングも大したことがなかったら、ワンヒットで楽々セカンドから生還されてしまいます。守備範囲も狭かったら、投手の負担は結局、ラミレスの時と同じ。しかも、このままセンターに太田選手が定着したら、外野守備の危険値は更に高くなります。去年末に外野に転向したばかりの太田選手は内野がダメだったから外野になったと言う、亀井選手と逆パターン。お世辞にも上手いとは言えません。下手とは言いませんが、普通でしょう。

 去年もさんざん書きましたが、打撃優先の起用では勝てないんです。そんなに甘くないのは、誰よりも判っているはずなのに、今年もまた同じ事を繰り返す気がしてならない。
 お願いですから、打撃の好不調だけでオーダーを組まないでください。
 



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。