So-net無料ブログ作成

ミリオンセールを維持するための次の一手は? [AKB]

 毎日のように話題が何かしらある中、今月二十日がシングル発売日。最近は事件や卒業発表が立て続けで明るい話題がないように思えるものの、全国握手会の参加者は相変わらずで、早くも今年の総選挙順位が囁かれているくらい、人気に陰りは見えません。一体、このミリオン記録はいつ途絶えるのか? と言うことに今日は意見を述べます。

 握手会売り上げが落ちるはずだった選抜メンバーの卒業や移籍ですが、確かに影響がないわけではありません。ピークだった去年の夏から徐々に落ち始め、ここに来て売り上げに貢献してきたメンバーの離脱に歯止めがかからない。早く次をと思う中、組閣したばかりのチーム体勢の中でどうやりくりしていくのかが、とても気になります。あっちゃんを始めとして、今後は板野、宮澤、河西、高城、増田、仲川、仁藤の分をどうカバーしていくか。システム上、研究生の昇格をまだ待たなくてはいけない状況でどんな手を打って、次のシングルに望むのか。
 まぁ、通例で行くと次は選挙投票券付きのシングルなので、ここはまだ大丈夫でしょうが、夏の状況を考えると大きな手を打たなければ、尻窄みになりかねません。最終手段は写メ会でしょうけど。

 先日も書きましたが、やはり新公演は必須項目でしょう。ここにきて、ものすごく停滞感が漂うのはメインステージでの前進が遅すぎるからに他なりません。HKTが次の公演に踏み切ったことを考えれば、他のチームも出来うる限りやるべきでしょう。いつ出来るのか判らないものを待ってるだけでなく、メンバーがファンの気持ちをくんで、秋元康を超えていく勇気があれば、今年一年のミリオンは大丈夫なんではないでしょうか。


2013-02-18 21:26  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。