So-net無料ブログ作成

乃木坂って、どこに向かうんだろう? [芸能]

 今日は久しぶりに乃木坂の話。次のシングル選抜が発表され、まぁ、予想通りの大荒れで、ファンの方々の心中をお察しします。
 中立の私としては誰がフロントだろうとどうでもいいのですが、これだけ荒れるのも、当初のファン選抜をするという公約が全く機能してないのが原因。だからこそ、運営はやはりファンの声なんぞ聞いていられる余裕なんて全くないのが見て取れます。
 今回のメンバーやポジションを見れば、最初の「ぐるぐるカーテン」と全く同じ。多少の違いこそありますが、フロントが同じなら体勢に影響は全くないので、どっちかというと、運営は始めからこうしたかったのでしょう。これでダメならあきらめもつくという、おそらく運営のお偉いさん辺りの推し順がこうなんでしょうね。少なくともある程度の売り上げを出してるので、ファンの方たちは反論するでしょうが、そろそろある程度の見切りをつけて方針転換しないと危ない気がします。内閣の支持率みたいなもので、正直、中立側から見れば、とても成功してるようには見えませんから。
 この一年、4曲のシングル、一つの公演、小さないくつかのプロモーションはしてきました。しかし、非選抜二軍の方たちは全く日の目を見ない、しかも選抜は最初に戻ると言う、今までは何だったんだろう状態が続いています。言うなれば、何も進んでいません。公式ライバルと言う看板なぞ、どこへやら。唯一の冠番組がなかったら、どこで何をしてるのかすら判りません。他のアイドルグループに比べれば、秋元氏が絡んでいるだけでも有利なのに、メンバーだって良いのが揃っているのに、どうしてこうなってしまったのでしょう?
 
 文句を言うだけなら誰でも出来るので、私の個人的な意見を。
 まず目標がAKBと言うのがダメ。いきなりそんな高いハードルを設定しても、実現できるはずがない。メンバーだけじゃなく、運営側もモチベーションを保てない。もっと確実なハードルを一つ一つ積み上げていくような形でやらなければ続かない。それと、やはりファンの意見はある程度、踏襲すべき。お客の声を聞かない商売なんて、どんな企業でも成り立たない。運営の意見は違っても、そこはやってみる勇気を持って欲しい。失敗したら、その時に戻せばいいし、そこまで大きくコケるとも思えないけど、ファンも納得するから信頼も上がる。あれだけのメンバーなら、一回ぐらいの失敗はすぐに取り返せると思うんですよね。大体、秋元氏の曲なんだから、それくらい思い切れないのが不思議。
 最後に月一度の定期公演をどこかのホールでやること。演目はシングルメドレーオンリーでもかまわない。ももクロだって、ドサ周りからここまで這い上がってきたのだから、とにかく見せてなんぼのアイドルが握手会だけで何とかしようと思うのが甘すぎる。どこのゆとり世代が企画してんだよってのが本音。それが赤字で出来ないなら、このプロジェクトはご破算にして、別の企画を立てた方がいいでしょう。ボランティアじゃないんだから、赤字出してまで続けるのはおかしい。

 まぁ、色々好き勝手に言いましたけど、運営がそんな思惑全く関係無しで、今のままでちょこちょこ頑張ってくれればいいやって思ってるなら、何の問題もないんですが。でも、やっぱりそろそろ危機感を持った方がいいんじゃないかと思うけど、ファンの方はどうでしょう?
 
 


2012-10-13 21:32  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。