So-net無料ブログ作成

松井珠理奈は未来を作れるか? [AKB]

 この所、色々なことがありすぎて何とも話題に事欠かない日が続きますが、今日はそんなAKBの中で私がずっと気になっていた、SKEのエース・松井珠理奈について書きます。もちろん勝手な個人の意見ですから、そこはいつものことだとご了承ください。

 次のシングルの発売日が決まり、当然、水面下ではメンバーが決まったことでしょう。ネットで噂になっていますが、今回も珠理奈、玲奈は入っていると言うことを前提で。長い間、ファンの間ではシングルをどうしてAKBのメンバーだけにしないのか、私も以前述べましたが、議論されてきました。兼任制度が始まり、パチンコAKBも珠理奈は年齢制限で外したにもかかわらず、玲奈を参加させています。総選挙、じゃんけんはともかく、レーベルも違うのに、何に置いても地方グループを切り離し、独立させないのはなぜなのか?
 理由としては、何が何でもとにかく珠理奈を使いたいからに他なりません。本来なら、結成当初、SKEもAKBと同じ規模を目論んでいたに違いありません。AKBはあっちゃん、SKEは珠理奈を中心にして、二つのグループを同じようにと。しかし、現実はAKBだけがブレイク、SKEは今になってやっとAKBの半分を超えました。だからこそ、余計に切り離すのが難しくなってしまった。
 しかし、極端な話し、私はこの珠理奈に対するこだわりこそが、地方グループ成長の最大の妨げになってると思います。もちろん、珠理奈が悪いわけではありません。しかし、強引なやり方は当然歪みが生じます。珠理奈を使うなら、やはり玲奈も、そうすれば他の地方グループからさや姉、みるきーを、更に指原、宮脇をとなって、だんだんAKBのメンバー枠が小さくなっていきます。神7は固定ですから、それ以外の枠は三つしかありません。グループ総勢236人もいて、選抜枠が三つしかないとなれば、あまりに厳しすぎる現実です。選抜枠はメディアのステージ上、16人から増加は出来ませんし。
 色々と反論はあるでしょうが、それでも珠理奈が他の追随を許さず、無理してでもAKB選抜枠に欲しいくらいの逸材ならば、それこそ単独でSKEを全国区に出来るはずです。それが出来ないと言うことは、そこまでの力がないと言わざるを得ません。いつも玲奈が「私達はAKBさんの流れに乗って、ここまで来た」とコメントしています。これだけCDセールスをしていながら、何でそんな消極的なことを言うのか判りませんでした。ファンの人達のコメントも強気なものばかり。しかし、運営の現実はそうじゃないのかもしれません。

 ただ、今の神7を要するAKBは乗っかるグループが存在していませんでした。それでもここまで出来る事を証明して見せたのです。今、新組閣によって、優子もたかみなも後継者作りを命じられています。優子は珠理奈を、たかみなは横山が最有力視されていますが、W松井だって、今からSKEに後継者を作らなくてはなりません。
 もちろん、運営も珠理奈にこだわるばかりじゃなく、第二の珠理奈を見つけなくてはならない。もし私の想像を超えて彼女を48Gの頂点に立たせようとしているなら、選挙でまゆゆに勝たなくてはなりません。また同じ選抜理論で行くなら、NMB、HKTも兼任させなくてはなりません。さすがにそれは無理でしょう。だったら、そんな収拾のつかなくなる前に、独立させたSKEの未来を珠理奈に預けた方が彼女にとっても有り難いんじゃないでしょうか。他のメンバーも乗っかるグループを失えば、自らの存続のために必死になるしかありません。

 今の運営のやり方を見ていると、珠理奈を認めているんだかそうでないんだかさっぱり判らないんで、他のメンバー達が振り回されてるだけに見えて、可哀想でなりません。私も珠理奈を認めてるからこそこういう考えを持ってるのですが、この先、専用劇場、新公演でどのようなSKEの未来を見せてくれるのか、今はそれを期待したいと思います。
 


2012-09-15 22:31  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。