So-net無料ブログ作成

東京ドームコンサート・初日 [感想]

 ついに東京ドーム。長年の夢が叶ったと言うことで、コンサートは出だしからいつもと違う雰囲気でした。私は音席だったのでメンバーの表情なんて全く見えず、途中まで誰が出てるのかすら判らないラジオ状態。暇なときは傍を通るスタッフに手を振るような場所。
 それでもほとんどの席が埋まり、メンバーも本当にわずかなステージ端から顔を出してくれたりして気を使ってくれたので、周りも自然と盛り上がってくれました。チケットに「期待しないでください」と書いてあったとおり、モニターすら見えませんので、そうするしかなかったんですけど(笑)。

 コンサート自体はさすがに今までの集大成だけあって、セットリストも少し趣向を変えてありました。ただ盛り上がるだけでなく、最初の曲がA1の「PARTYが始まるよ」から「DEAR・MY・TEATHER」へと流れていき、劇場の歴史を辿っていくような曲が多かったです。席のせいもあって、普通のコンサートの時と比べるとやや物足りなくて不満かもしれませんが、ほぼMCなしの怒濤の詰め込み方でお得感は満点。メンバーはさぞかし大変だったと思います。

 アンコールの流れがどうにも変だったのですが、ついに組閣発表。SSAの比じゃなかった衝撃でしたが、冷静に考えてみると運営も相当時間を掛けて配置したんだな、との感想でした。組閣がないと言ってた私の主張は見事に外れたわけで、まずはそのことをお詫びします。移籍くらいは考えていたんですが、全国ツアーがある中で、組閣するのはどうかと思ったものですから。
 研究生の「僕の太陽」公演が始まったことや、海外留学の話が持ち上がったりしたことが前兆だったかもしれません。HKTの5人同時辞退も少しは絡んでいたかもしれませんが、総評としてはかなりいい落としどころだったと思います。

 組閣についてはまだ衝撃が大きすぎて、多くのファンが着いていけない状態が続いています。私も改めて色々と意見を述べますが、どちらかというと賛成派です。直撃したメンバーのファンには同情しますが、あっちゃんのいなくなるグループの未来を考えた場合、小沢一郎並の破壊が必要だったと解釈しています。
 とりあえず、東京ドームはまだ初日。私は二日目も行くので、明日が今日以上に盛り上がってくれることを今はただ期待するばかりです。


2012-08-24 23:58  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。