So-net無料ブログ作成

前田敦子が卒業した後 [AKB]

 いよいよ東京ドーム公演の受付が始まりました。それは前田敦子の卒業が迫ってきたことを意味します。今まであっちゃんの代わりや次期センターの議論を見てきましたが、誰もが納得する結論を出していないのが、さすがと言うべきでしょう。以前も述べましたが、私もあっちゃんの代わりになれるメンバーは存在しないと思っています。
 じゃんけん大会の組み合わせ、14期のお披露目、NMB新公演、次はS4の予定と、今後の予定が次々と出てきましたが、肝心のAKBチームの新公演がどうなるのかは語られませんでした。それにより組閣があるのではと言う憶測も出ましたが、日曜日のラジオを聞いて感じたのは、秋元氏があっちゃん卒業後はとにかく珠理奈を中心にして回したいと言うこと。まゆゆ、ぱるる、光宗なんか名前も挙がりませんでしたし、それよりも断然、珠理奈に対する感情の方が声に出ていました。最近、周りも含めて、ネットなどでは指原や横山の名が挙がっていますが、そんなものは所詮、個人の憶測でしかありません。ファンの声がSKE独立論があるにもかかわらず、AKBシングルからW松井を外さないのがその証拠です。実際に今後、AKBシングル選抜にNMBの山本、渡辺をW松井のように常連参加させるなら、弾き出されるのは横山と梅田でしょう。ここに4のために島崎をねじ込めば、なおさらその確率が上がります。

 この前、火曜曲で横山がフラゲのセンターを務めた事により、センター議論が再燃しました。多くの人は判っていると思いますが、センターなど全てのアンダーはそのポジのフリを覚えてるかであって、人気とか願望でやってる訳ではありません。ホント「〇〇のセンターがいい」とか「〇〇がセンターじゃダメなんだよ」とか言う意見にはうんざりします。もし、そんなに自分の推しメンにセンターポジをやって欲しいなら、ぜひとも握手会とかで「君のセンターを見たいから、あっちゃんのポジを死ぬ気で覚えて、運営に土下座して。」とでも言って欲しいですね。

 こんな調子であっちゃんが卒業した後は、しばらくカオスになるのかもしれません。実際に珠理奈を推すとなれば、その活動はSKEとの連動になり、今までのようにはいかなくなるでしょう。指原の移籍により、今後HKTも絡めば、更に変化を求められます。こんな「誰がセンターが~」なんて言って、あっちゃんの呪縛に捕らわれているファンは果たして着いていけるのでしょうか?

 卒業発表したSSAから、まだ四ヶ月。総選挙では優子、まゆゆ、ゆきりんが勝ったわけですから、今はそれを民意とすれば良いでしょう。第一、せっかくここまで上がってきたゆきりんに、「もう上位は卒業しろ」と言うのはあまりに酷じゃないですか。別にグループが解散する訳じゃないのですから、もう少し広い視野と寛容な気持ちでこれからも応援していけばいいと思うんですけどね。


2012-07-11 21:11  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。