So-net無料ブログ作成

注目メンバーはどの位置か? 17~32位編 [AKB]

 ここから格段に予想が難しくなりますが、頑張ります。
 指標に使ったのは、意外にも宮崎。今回、下がり目の象徴みたいな言われ方をしていますが、実際にそうなのか?
 彼女は第二回6371、前回9271で、2900票伸ばしています。もし今回、前回よりも減らす人がいない事を前提にした場合、彼女は微増の700強で10000票に届いてしまいます。彼女より順位が上に来る人は10000票以上入らなければなりません。
 そう考えると、前回10000以上、もしくはそれに限りなく近い人、二割増で10000票が見える人を上げていくと、大体の順位が決まります。
 まずセンターは秋元で、以下、亜美菜、増田、倉持、梅田、高柳、仲川、多田、ギリギリで大家くらいまではいけると。SKEの大矢と秦は迷いましたけど、共に同じグループだったので、票を分け合い、前回までの実績で大矢までとしました。もしかしたら、二人の順位は逆かもしれません。
 松井咲子と島崎遥香は全く根拠がありません。現在の活躍と露出からこの位置にしましたけれど、前回から10000票は超えてこないと判断しただけ。これ以上だと、選抜クラスの上積みが必要になるので、そこまではないだろうと思いました。残り一枠も悩みましたけど、握手会人気と直前発売のシングル選抜の勢い、前回の地盤でみるきーより須田にしました。みるきーの人気は認めていますが、難波の投票数が読めないのと、さや姉に喰われてしまう分を考慮して低めにしてあります。
 そのさや姉ですが、選抜入りを予想する人も多いようで、何とも景気のいい順位をよく見かけます。確かに難波の一番手は認めますが、選抜直近の順位となると、20000票以上が必須。
 もう少し必要数は下がるかもしれませんが、これは前回よりも12000ほどの上積みが必要で、去年の横山クラスの伸び数を得なければなりません。今回の変動数値が32万で彼女がその票数なら、他の難波メンはほとんど割を食ってしまうので、枠拡大で票分散しやすい今回の選挙では難しいのではないでしょうか?
 それでも、高めの20位に予想しましたけど、じゃあ、実際にSKE票ってどのくらいなのか。

 前回、表に見える票で96359票(木崎、矢神の速報値含む)、圏内だけなら94527票。
 実際に1~40位までの投票数が1,081,332票なので、圏内得票率はわずか8.7%。
 しかも圏外110人分の総得票数が84,813票ですから、残りの候補者51人を考慮して、40%がSKE票としても約33925なので、計128452票。これは総投票数の約11%であり、SKE57人全てを足して、やっと優子一人に届くと言う厳しい現実。(公式ウィキペディア調べ)。

 参考までに第二回は圏内投票数が354,074、圏内5人の総数が32819で、約9.2%。
 総投票数が上がると、他グループの割合は下がる傾向で、やはり本店有利は否めないようです。
ここから難波、博多を考慮し、若干裾上げを考えて、圏内を9%で考えると、32万のうち、29800がSKEの40位内増加分。これを踏まえて、玲奈の最終得票数を約50000票と考えた場合、珠理奈は37000、高柳が14500、大矢が8040、秦が7500、須田が6400ほど。当然、玲奈が下がると、その分だけ他の人が上がるので(特に中間から下の方)、予想した順位になるかな?との結論です。
 今回もSKEが11%と考えると、約154000が持ち分。だから、64枠予想ではSKEのメンバーを多く、しかも高めに入れてあるわけです。
 こんな計算通りにいけば、誰も苦労はしないんですけどね。


2012-04-14 19:59  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。