So-net無料ブログ作成

注目メンバーはどの位置か? 選抜編 [AKB]

 誰の目から見ても9位までは確定なので、残りの7枠。
 前回より5枠減ったためにボーダーラインの争いが激化した第一の見所でもあります。
 候補者のうち、宮澤、高城、北原、珠理奈、峯岸は決定。よほどの問題を起こさない限り、前年までの実績、伸び数を見ても、誰かに抜かれる心配もなく、去年と同様の投票をすれば、まず陥落しない。
 珠理奈の移籍や入院の同情票、支店の頑張りで彼女の上昇が取り上げられていますが、それじゃ、同じように入院した島田に投票するか? また、みるきーが移籍の同情票でさや姉を追い抜くか? と問われれば、まずありえない。珠理奈は二回目も前回も速報値が小さく、地盤も支店不利なので、逆にみぃちゃんを振りきってよく粘ってる方だと思います。佐江ちゃんまではわずか6000票差だけど、前回の伸び数が直近順位のメンバーすべてに負けてるので、あっても153票差のきたりえとの入れ替えくらいで大きな伸びはあまり望めないんじゃないでしょうか。

 そして、残りの2枠。イメージで予想するのは好みでバラバラになるので、票数で具体的に考えてみましょう。
 まず去年15位の峯岸の票数が26070、16位の河西が22857。つまり、二人の票数が減らないとすると、選抜のボーダーは最低でも23000。去年、11684の高柳、8697の山本にはかなり厳しいハードル。
 そうすると、筆頭はやはり河西と横山。
 特に横山の伸び率は去年程じゃなくても、他の指標が圧倒的。この辺りはまだ個人組織票でどうにか出来るレベルじゃないので(単純計算で10000票=1600万円ですからね)、一番有利なのは河西だが、横山との差が6400なので、抜かれる可能性はあり。河西は速報から最終時の得票倍率が7.39倍(3102/22857)と、これまでの認知度と組織力で維持してるので、この地盤が揺らぐと横山を振りきれるかが微妙(横山の得票倍率は5.98倍)。ただ、その横山も倍増で32900と、峯岸の2割増=32400をやっと上回る程度なので、そこまでは伸びないとして、15位の予想。
 一方、秋元は10000近くの上乗せを必要とするライン。知名度や一般票から有利に考えがちですが、彼女は常に速報値が弱い。ただそこからの得票倍率は11.4倍で、圏内40人中1位と知名度は抜群なので、逆に速報時の票数が高ければ、一気に期待値が上がる。
 亜美菜と増田は前回並の伸び率が必要で、投票総数の増加割合や他の指標から見ても、そこまでは厳しい気がします。要は去年もかなりファンが頑張ってこの位置であり、横山を抑えきれる余力を感じない。よって、河西、秋元、横山の三つ巴になると予想します。


2012-04-14 16:43  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。