So-net無料ブログ作成

総選挙で新たなスターは生まれるか? [AKB]

 前田敦子の辞退、支店CDで投票券は付かず、HKTモバイルは間に合わずとなった今回の総選挙。あちこちで活発に議論が始まりましたが、一部であっちゃんの不参加で冷めた見方をしてる人もいます。私もやっぱり、横綱は二人必要なんだなぁと実感する中、予想に参加したいと思います。

 まず、順位予想をする前の大前提を。
 総投票数がどれくらいになるのか。今回はファンクラブの会員数が読めないのと、あっちゃんの回避でどれだけ売り上げが落ちるのか、もしくは最後のシングルと言うことで、逆に上がるのか? 一応前回が116万だったので、今回は二割増の140万と仮定。シングル発売と速報でもう少し修正しますが、200万まではいかないと予想します。
 と、言うわけで、当然、三倍になった去年のような激動はないわけで、全体的にほぼ横這い。反面、よほどのことがない限り、一気に下がる人はいないでしょうから、去年、40位まで入った人は64位内は確定。あとは26人をそれ以外から選んで並べることになります。それと選抜枠は16人に減少し、候補者は240人に増えたので、当選比率は去年と同じ(去年が40/150で今年が64/240、共に4/15)であり、下位のメンバーには相変わらず、厳しい状況であることを踏まえる必要があります。あまり言及されませんが、去年の最下位近くの投票数は10票程度(あくまで計算上)。

 この結果によって、あっちゃんがいなくなった後の方向性が位置づけられるのですから、後に重要なイベントになるかもしれません。果たして、新たなセンターが生まれるのか、それともこのまま下降線となるのか。
 組織が大きくなりすぎて食傷気味になりつつありますが、にわかの私はまだまだ新たな可能性があると思っていますので、今後も応援していきたいと思います。


2012-04-05 13:21  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。