So-net無料ブログ作成

AKB49 [マンガ]

 総選挙が終わり、今度はCG騒ぎと話題がつきないAKB。
 実際に時期が時期だっただけに、いきなりの新人センターには疑問を持った人も多かったので、変な騒動にならなかったのは、ファンとしてはほっとしています。
 というか、あんな究極新人がいたら、総選挙自体が吹っ飛びかねなかったので。

 さて、架空の設定といえば、週刊少年マガジンで連載中の「AKB49」。
 簡単に説明すると、AKB版ドカベン。
 架空の主人公が成り行きでオーディションに合格し、研究生として頑張るストーリーで、現在はセレクション審査にも匹敵する最大の試練を乗り越え、正規メンバーに昇格するかもという所まで進んでいます。
 もちろん、大島優子、渡辺麻友、高橋みなみなどの主力メンバーも登場。
 主人公は今までどのメンバーも持ってない魅力で(設定上、当たり前なんだけど)、今や研究生を引っ張る存在にまで成長し、その正体を知ってるのが秋元康と前田敦子だけと言うのも、なかなかに美味しい。
 最初は誰かモデルがいて、その人をフューチャーした展開になるかと思ったけど、どうやらそうでもないようで、ここから先をどうするのかが注目です。

 今までは大きな舞台に望むことがなかったのでよかったけど、正規メンバーとしてチームに所属すると、現実とのギャップが苦しくなりかねない。
 となれば、最近のチーム4を踏襲して、今の研究生仲間と共に、チーム8として活動する筋が有力。
 あくまで個人的な予想だけど、ついつい引き込まれてしまうので、非常に続きが楽しみです。
 
 


2011-06-21 23:02  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。